July 24, 2017

第32回 新潟県書道協会会員展

2017_0723_122748img_1683

2017_0723_113409img_1666
第32回「新潟県書道協会会員展」が7月22日(土)~7月25日(火)の会期で開催中です。

場所は新潟県民会館(3階ギャラリー)です。

昨日の日曜日、10時からの揮毫会(きごうかい)、14時からの併催展示解説会、16時半からの祝賀・懇親会に出席しました。

10時からの揮毫会(きごうかい)には 最初から観る事は出来ず、先生方4名の後半の2名でした。

右画像が3番目のK先生です。

左画像は今回の出品作品です。

会期は明日迄です、素晴らしい作品の数々、たくさんの方々からの鑑賞を願っています。

後日第2弾を掲載します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2017

第二回新潟市西蒲区美術協会会員展

2017_0715_111250img_1575

2017_0715_110824img_1573

2017_0715_112512img_1583

2017_0715_111456img_1577
 第二回新潟市「西蒲区美術協会会員展」、7月15日(土)~17日(月)の会期で岩室地区公民館講堂で開催されています。

昨日午前鑑賞しました。

一昨年迄の「西蒲区展」を引き継いだ会員展で、第一回から公募展はありません!

一昨年は公募展があり出品しました。

日本画、洋画、書道、写真、工芸の5部門です。

画像作品左はY先生、右はHさんの作品です。

2017_0715_112125img_1582

2017_0715_111632img_1578
 画像左の作品はKさん、右がYさんで 巻のY先生の教室で活躍されています。

会期は明日の16時迄です、是非鑑賞して下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2017

新潟県書道協会会員展

2017_0702_080341img_1545
 新潟県書道協会会員展のご案内です。

会期:7/22(土)~7/25(火)
会場:新潟県民会館(3階ギャラリー)
主催:新潟県書道協会
後援:新潟県・新潟県美術家連盟、新潟日報社・他・・・

一昨年から新潟県書道協会の会員となり、今年が3回目の出品になります。

立派な先生方と一緒に展示させてもらiいる事は大変光栄であり・・・、勉強になります。

たくさんの方々から鑑賞していただければ幸いです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2017

第三十一回 玄心書道公募展

2017_0326_115543img_1135
 第31回 玄心書道公募展が明日から下記の日程で開催されますのでご案内します。

期間 : 6月29日(木)~7月02日(日)
会場 : 兵庫県立美術館王子分館 原田の森ギャラリー   
      神戸市灘区原田通り
時間 : 午前10時~午後5時  *但し最終日は午後4時迄
主催 : 書道研究 玄心会
後援 : 兵庫県・神戸市・姫路市、神戸新聞社・・・

初めて玄心展に挑戦! 入賞しましたので 明日からの展覧会に陳列される事になりました。

出来れば行って観たいと思っていましたが、今回は行かない事にしました。

来年以降、頑張って 今以上の賞で入賞したいと思います。

その時は全国からの作品を観て勉強したい・・・、そんな気持ちでいっぱいです。

左画像は今回の出品作品です。

 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2017

新潟県美術展覧会

2017_0603_150549img_1254

2017_0603_125408img_1251_2
 春の「県展」、秋の「芸展」の二大ビッグ・・・、第72会新潟県美術展覧会の会期は今日(6/04)迄です。

昨日、午前から午後にかけて鑑賞しました。―会場は朱鷺メッセです。

作品鑑賞会で書き方のポイント等も解説・・・、大変勉強になりました。

素晴らしい作品の数々、来年は再挑戦したいと思います。

撮影禁止、画像の1枚だけ 会場の雰囲気と思って遠くから撮りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2017

「翠墨会」書展(三条)

2017_0409_100946img_1144

2017_0409_110021img_1146

2017_0409_110050img_1147
 今日午前中、三条東公民館で開催されている「翠墨会」書展を鑑賞しました。

会期は昨日八日から八、九、十の三日間、会場は三条東公民館多目的ホールです。

中村城翠先生が主宰する「翠墨会」の第二回書作品展です。

中村先生や会員二十四人の作品五十四点が展示されていました。

甲骨や隷書、近代詩文・・・・書体もいろいろ、会員のレベルも高く立派な作品ばかりです。

1時間近く観る事が出来、大変勉強になりました。

今日は用事もあり、行けないと思っていただけに、観れて良かったというのが実感です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2017

檜川銕研書展(三条)

2017_0311_141118img_1105

2017_0311_140409img_1103

2017_0311_141400img_1107

2017_0311_143003img_1109
 昨日三条東公民館で開催されている「檜川銕研書展」を鑑賞しました。

会期は3/11~3/15迄で会場は三条東公民館多目的ホールです。

三条市若手芸術家支援事業の一環として企画され、今年が第四回のようです。

14時からの「席上揮ごう会」に合わせ、古典を手本にした臨書を・・・・、大変勉強になりました。

檜川さんは41歳と若く初の個展・・・、同事業では初めて男性作家の書展のようです。

今回の書展に向け「今を書く・いましかかけないこと」をテーマに作品制作に打ち込まれたようです。

漢字の小字数作品や漢字かなまじりの現代詩文等々、多目的ホール1・2に展示された作品46点は素晴らしいの一言です。

檜川先生にいくつか質問、お聞きしました~大変勉強になりました。

今日10時半からの「揮ごう」は創作作品が披露され・・、会期は15日迄です。

是非 東公民館に足を運ばれ鑑賞して下さい。―昨日は大勢の方々が鑑賞されていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2017

新潟の美術作家小品展 №2

2017_0304_152036img_1095

2017_0218_124130img_1067
 新潟の美術作家小品展、会場は新潟三越7階~初めての鑑賞でした。

№1 に お知らせした如く、山賀先生の作品を買いました。

左画像がその作品で、3月1日夜届きました。

「自由奔放」の色紙作品、素晴らしいですね!

展示作品は撮影禁止、撮りたい作品も何点かありましたが・・・、参考にさせてもらい少しでもレベルアップです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2017

新潟の美術作家小品展

2017_0218_110526img_1063

2017_0218_110512img_1062
 新潟の美術作家小品展が新潟三越7階特別会場で開催、鑑賞しました。 ⇒ 会期:14日~19日

右画像、新潟女流書作家展が同時に開催、合せて鑑賞しました。

県在住ならびに出身の美術作家、約300人からお寄せいただいた作品を展示・販売との事です。

色紙は初日3万円~最終日2万円で販売です。

小品は申し込み順 3万円以上の定価販売です。

オークションは10万円以上の小品が対象 18日17:00開票

春を彩る県人アートが大集結、たくさんの先生方の作品を鑑賞・・・、大変勉強になりました。

ちなみに私は山賀先生の作品を買い求めました。

併設の女流書作家展、県内外の書壇で活躍する105人の女性書家の作品を紹介・・・、11時からの作品解説会を聴きました。

毎年この時期に開催されているようですが、私は初めての鑑賞でした。

素晴らしい作品の数々、少しでも近づけるようにと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2016

至誠・たんぽぽ 合同書展 その2

2016_1217_111156img_0824

2016_1217_104022img_0811

2016_1217_104445img_0816

2016_1217_103335img_0796

2016_1217_104336img_0814

左端画像手前が私で「読み」「意味」は下記です。

【読み】-あいじんにょこ
【意味】-己のごとく 人を愛する

【読み】-おんじけいか
【意味】-あたたかく いつくしみ めぐみぶかく やわらぐ

左画像隣りが斎藤さんの夏の思い出、隣りが大久保さん、隣り下が樋口さん、右端画像が坂井さんです。

2016_1217_103400img_0797

2016_1217_104404img_0815

2016_1217_103910img_0809

2016_1217_104509img_0817

左画像は小野塚さん、隣りが丸山さん、隣り下が板垣さん、右端が高桑さんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧