January 08, 2018

信州のお酒

2018_0102_124755img_2220
 画像は長野県諏訪市の宮坂醸造の日本酒「真澄」です。

清冽な水と冷涼な気候に恵まれた霧ヶ峰の山ふところ信州諏訪です。

真澄は寛文2(1662)年創業・・・、上田一の老舗酒屋 岡崎酒造が創業350年でそれ以上に古いでしょうか。

昨年5月に上田市の岡崎酒造㈱の「亀齢-きれい」 と信州銘醸㈱の「真田の里」のお酒をブログに掲載しました。

「真澄」純米酒は辛口、穏やかな香りと落ち着いた味わい、まさにその通りでおいしいお酒です。

新潟は米どころ、酒どころで何処よりもお酒の美味しい処と思っていますが、長野 も おいしく 甲乙つけ難いようです。

正月においしく「真澄」純米酒・純米吟醸をいただきました。

飲み比べしたわけではないが、雪中梅と朝日山を飲みながら・・・、「真澄」の美味しさも格別です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2018

弥彦神社

2018_0104_114110img_2231

2018_0104_114044img_2230
今年の弥彦神社の初詣は4日の午前でした。

正月はたくさんの参拝者で混みあいますが、三が日過ぎた4日は比較的ゆったりと参拝出来ると思っていましたが意外に多いので驚きました。

昨年は8日でしたので 例年の元旦または2日の参拝は2年続けて出来ませんでした。

参拝した後はいつものように「家内安全」のお札と母親へのお守りでした。

今日のテレビで平均のお賽銭はいくら?と言う問いがありました。

平均149円と?銭で・・・、約150円でした。

実はもっと多い金額と思いましたが・・・、御縁があるようにの5円 と 言う人も多いのかなぁ?と思いました。

ちなみに私は200円でした。

正月のテレビ番組から生年月日と血液型からの運勢は今年は悪くないです。

お参りのお願い事は例年と特別変わっていませんが、良い運勢にありそうなので 更に努力! を して・・・、1年を振り返られるようにしたいと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2018

二人で新年会

2013_0104_172659dscn5109
毎年恒例になりました二人で新年会、昨日(3日)旧栄町のKさん と 新年初顔合わせで楽しいひと時を過ごしました。

場所はいつもの「嵯峨野」さん、18時から2時間半 2人で飲みながら食べながらの新年会でした。

仕事始め~産業カレンダーは今日からで弊社は明日から、その代わり翌日の土曜日は営業日です。

デジカメ持って行きましたが撮る事を忘れていました。

画像は2013年01/04に撮ったものを載せました。⇒一昨年も同じように撮り忘れ、この画像を使いました。

5年前は少し雪があり、今年は雪が溶けて少し残っている状態で雰囲気は似ていますでしょうか?

同じ団塊世代、会うとこのようにいろいろな事を気軽に話し合えます。

6月の 新潟県協会展(県民会館)、8月の群書展(弥彦)、10月の市展(燕)、11月の芸展(県民会館)、12月の至誠会作品展(角田浜カーブロッジ)をそれぞれ鑑賞してもらっています。

嵯峨野さん夫婦も芸展と至誠会作品展を鑑賞しました、 と 言われ・・・、有難く思っています。

「書道」 と 大河ドラマの話が中心でしたでしょうか?

真田丸を含めた過去の大河ドラマ(視聴率を含めた内容)と今年始まる西郷さんの話でした。

そして、家庭、健康、政治・経済、景気、仕事etc と・・・、話は尽きませんでした。

あっという間の2時間半・・・、たくさんのエネルギーをもらいました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2018

月例 12 月号

2017_1231_094700img_2195
画像は「北日本書芸院」の月例 12 月号(01/10締切り分)の出品作品です。

いつものように随意・条幅です。

先日、月例 書人12 月号(01/05締切り分)は大東文化大学 入賞の処で掲載しました。

書人11月号の記事で・・・、今月は年2回の昇級・昇段・師範試験です。~条幅3体の楷書、行書、草書です と 掲載しました。

12月30日、昇進した事を電話で聞きました。―書人会に入会して丁度1年、まずまず順調でしょうか?

今日の夕方は友達の刈谷さんと毎年恒例の二人で新年会です。~楽しみにしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2018

書き初め

2018_0102_123523img_2213
正月二日は書き初めです。

書き初めは、新年を迎えその一年を寿ぎ、吉祥の語句や新春の語句を正月2日に初揮毫することです。

または、この1年の目標があればそれを揮毫する。

今迄あまり上記にとらわれず、書道誌の課題など書いていました。

今年の書き初めは画像の如く「知識は力なり」と揮毫しました。

落款は平成30年ですので「戊戌」(訓読みはつちのえいぬ)と書き、年の初めの意味で「歳旦」と書きました。

名前や雅号の下には「書」の代わりに「試筆」(筆を試す)と揮毫しました。⇒「戊戌歳旦 勝雲試筆」

今年の目標であり心構えとして「知識」は必ず力になります。

生涯勉強です と 言った人がいますが、まさにその通りです。~そして・・・、「想像力」が大事です。

正月はなかなかゆったりと時間がとれず、限られた短い時間の中でした。

昨日朝6時から「謹賀新年」書きで・・・、新年早々2日間「書」に向きあいました。

6文字の中で「力」と言う文字が書きにくく、一番字形・線質が悪く、全体として文字の大きさもバランスしていません!

「漢字かな交じり」 の かなは未熟です。

しかし正月の書き初めは楽しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2018

越後一之寺「国上寺」

2018_0101_142332img_2207
 今日お昼過ぎ、越後一之寺「国上寺」をお参りしました。

今日はお寺様の年始だけにしておくつもりでしたが、1~2出かけ、「国上寺」迄足を伸ばし参拝しました。

デジカメ、うっかり画素数の設定を忘れ 1MB以上になッた為に画像の掲載は1枚だけです。

国上寺は1300年以上の歴史をもつ越後一之寺・・・、和銅2年(709年)です。

通貨「和同開珎」の和銅の時代ですね!

和同開珎は、「珎」の字が「寶」の略字であり・・・、「寳」の文字が使用されたことから、「わどうかいほう」と読む説がある。

それに対し、「珎」は「珍」の異体字であり、和同開珎は「わどうかいちん」と読むという説もある。

五合庵、乙子神社も行かず、又 次の機会にします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明けましておめでとうございます

2018_0101_073431img_2201

2018_0101_073717img_2203
ブログ仲間のみなさん と 常々私の日記に訪問して下さる皆さん、明けましておめでとうございます。

御家族 御一同様 の 御多幸をお祈り致します。 

本年も宜しくお願いします。

今年はいぬ(戊・戌)年です。

例年「謹賀新年」は大晦日に書いていましたが、いろいろ忙しく今日6時から書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 31, 2017

大晦日

2017_1231_171849img_2199

2017_1231_171633img_2198
ブログ仲間の皆さん、又 訪問して下さった皆さん、一年間大変お世話になりました。 

皆様にとってこの一年はどんな年でしたでしょうか? 

今年も残すところ 1時間余です。

新しい年 戊戌(つちのえいぬ) が 希望 の 年でありますよう 心からお祈り申し上げます。

画像は家から見えます 町内の神社です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2017

洋画「四人展」

2017_1217_111610img_2188

2017_1217_111037img_2181

2017_1217_111112img_2183
 1週間前の16日(土)、三条東公民館で洋画「四人展」を鑑賞しました。

四人の中の一人、中林さんとは仕事上の取引であり、一度観てみたいと思い・・・、ようやく実現しました。

右端画像100号の作品、佐潟近くの畑地を覆っていた草が立ち枯れた晩秋を描いた作品です。

隣の作品からも風景を好まれるようで立派な作品でビックリしました。

絵の見方は全く素人ですが・・・、「書」にも通ずるところがある事を私なりに知りました。

メンバーの一人、元中学美術教諭であられた武石先生といろいろお話が出来ました。

専門的な絵は別として、定年後の過ごし方、又このような仲間に恵まれた事を喜んでおられました。

毎日を緊張感をもって、規則正しく生きる・・・、が 一番印象的で教えられました。

中林さんは経営者であり、趣味の絵は日展に届くレベルです。

初めてお会い、話に花が咲いた武石先生は旧栄町の出身、小学校の校長を定年退職されたようです。

又機会がありましたらいろいろお話を聞きたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2017

月例 11 月号

2017_1201_132925img_2070

2017_1201_133049img_2072
左画像 が「北日本書芸院」の月例 11 月号(12/10締切り分)の出品作品です。

いつものように随意・条幅です。

右画像が「書人会」の月例 11 月号(12/05締切り分)です。

今月は年2回の昇級・昇段・師範試験です。~条幅3体の楷書、行書、草書で画像は草書です。

3枚とも先週出品、写真撮り忘れ、残っていた1枚です。

芸展も終わり、今日から3日間先日御案内した「至誠・たんぽぽ書展」です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧