« 7 月(前半)だより | Main | 7 月(後半)だより その 2 »

July 20, 2021

7 月(後半)だより

Img_0804 Img_0795

Img_0777

*燕市産業史料館「企画展」

日本有数の金属加工の集散地、グローバルに展開する製品を集めた企画展「世界に翔ばたく燕展」が18日(日)まで 市産業史料館で開かれていました。

左上画像が最も古い展示品、鳥や花の装飾が施された香炉 は 鎚起銅器の老舗G社です。

右画像は1991年からノーベル賞の晩餐会で採用されている金属洋食器「ノーベルカトラリー」はY社です。

左下は冬の生活を守る除雪機、各国の南極観測基地やフィンランド・サンタクロース村で活用され、国際的な知名度があるF社です。

金属加工の町燕は江戸時代 水害に苦しむ農家が副業で始めた「和くぎ作り」が源流とされています。

約30種類の品が紹介され…、技術革新を重ねて発展してきた地場産業の歩みを伝えています。

このような立派な企画展を最後の日 鑑賞出来て良かったです。

その後 体験工房館を見学しましたので後日パート2として掲載します。

|

« 7 月(前半)だより | Main | 7 月(後半)だより その 2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 7 月(前半)だより | Main | 7 月(後半)だより その 2 »