« 9月(前半)だより | Main | 9 月(後半)だより »

September 13, 2020

9月(前半)だより その2

Img_0492

* 書道師範木札

6月発表、書人誌8月号に掲載され、9月に入って届いた賞状と木札です。

木札は重々しくずっしりと・・、手に取って改めて実感しました。

「書は人なり」という言葉がありますが、「その人の書いた字は、その人の性格を表している」という意味かと思います。

それに書いた人の内面が表われると言われます。

兵庫県の姫路市を本部、書人・玄心展は神戸で毎年7月に開催されていますが・・、今年は新型コロナウイルスで中止でした。

一昨年から本部と直接のやり取りが多く、先生方との距離も近くなりました。

確かに師範に恥じないような文字を書く事が必須と思いますが、それよりも人格者だと私は思います。

玄心会のトップクラスの先生方と接して思うのは、人間性・人柄・・、言動・行動 どれ一つをとっても勉強させられます。

一昨年初めて神戸の書道展に行ったときから始まりますが、その時の印象と全く変わっていません。

組織的な動きも勉強になりますし、ついつい会社と比較してみる事もあります。

恵まれた環境を生かし、今後も楽しみながら、人間的な勉強もさせてもらいたいと考えています。

 

 

 

 

|

« 9月(前半)だより | Main | 9 月(後半)だより »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 9月(前半)だより | Main | 9 月(後半)だより »