« 市川正美彫金展&雅号印 | Main | 大東文化大学&書人12月号 »

December 23, 2017

洋画「四人展」

2017_1217_111610img_2188

2017_1217_111037img_2181

2017_1217_111112img_2183
 1週間前の16日(土)、三条東公民館で洋画「四人展」を鑑賞しました。

四人の中の一人、中林さんとは仕事上の取引であり、一度観てみたいと思い・・・、ようやく実現しました。

右端画像100号の作品、佐潟近くの畑地を覆っていた草が立ち枯れた晩秋を描いた作品です。

隣の作品からも風景を好まれるようで立派な作品でビックリしました。

絵の見方は全く素人ですが・・・、「書」にも通ずるところがある事を私なりに知りました。

メンバーの一人、元中学美術教諭であられた武石先生といろいろお話が出来ました。

専門的な絵は別として、定年後の過ごし方、又このような仲間に恵まれた事を喜んでおられました。

毎日を緊張感をもって、規則正しく生きる・・・、が 一番印象的で教えられました。

中林さんは経営者であり、趣味の絵は日展に届くレベルです。

初めてお会い、話に花が咲いた武石先生は旧栄町の出身、小学校の校長を定年退職されたようです。

又機会がありましたらいろいろお話を聞きたいと思います。

|

« 市川正美彫金展&雅号印 | Main | 大東文化大学&書人12月号 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 洋画「四人展」:

« 市川正美彫金展&雅号印 | Main | 大東文化大学&書人12月号 »