« 月例 6 月号 | Main | 第二回新潟市西蒲区美術協会会員展 »

July 09, 2017

漢字三千年展 「その3」

2017_0610_112533img_1279
「その3」は甲骨文字についてです。

亀の甲羅や動物の骨に刻まれた最古の漢字と言われる甲骨文字や、秦の始皇帝によって統一された漢字など、時代とともに字体や記される内容は変化し、権威の象徴としても利用された。


2017_0610_112548img_1280

2017_0610_112558img_1281

2017_0610_112740img_1282

2017_0610_112750img_1283
 先にも話しましたように一番古い文字が書かれているのは牛の骨、亀の甲羅で、これを甲骨文と呼び、紀元前13世頃とされている。

この頃はすべての事を占いで決めおり、その占いは動物の骨を使っていた。

その占う事も動物の骨に書いていた、そこに漢字が刻まれていた。

書のルーツとなる甲骨文が生まれたのは中国 殷(いん)の時代(紀元前17世紀頃~紀元前11世紀頃)です。

当時は亀の甲羅や動物の骨の裏側に溝を作り、骨を焼いて表にひびを走らせ、そのひびの形で占うというものだったようです。

その内容と結果を刻んだのが甲骨文です。

例えば雨が降るかどうかを占った内容が書かれているとか・・・、現在使われている漢字は甲骨文から始まっているのです。

「その4」は青銅器、秦の始皇帝です。

|

« 月例 6 月号 | Main | 第二回新潟市西蒲区美術協会会員展 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69465/65513537

Listed below are links to weblogs that reference 漢字三千年展 「その3」:

« 月例 6 月号 | Main | 第二回新潟市西蒲区美術協会会員展 »