« 漢字三千年展 | Main | 古希同級会(高校) »

June 18, 2017

漢字三千年展 「その2」

2017_0610_111203img_1266

2017_0610_111247img_1267
 最初に『漢字の力』と言うテレビ解説を聞き、「牛耳を執る」=「ぎゅうじをとる」 と 言う言葉の由来を知りました

「温県盟書」=おんけんめいしょ は 河南省温県から発見された盟書。―「牛耳をとる」儀式の書~左画像

春秋戦国時代には各地の諸侯が同盟を結んだ。

その際の契約書を盟書と言い、この盟書は河南省温県の遺跡で発見された。

石の表面に墨で文字が書かれており、「韓」を建立した一族が結束を固める為、建国前の紀元前497年に作ったものとみられる。

当時、契約の儀式では盟主が牛の耳をつかんで、血を採って唇に塗り、その牛と盟書を地中に埋めたとされる。

そこから「牛耳をとる」「牛耳る」という言葉が生まれ、組織の主導権を握ったり支配したりする意味でつかわれる。

インターネットより
同盟・団体などの盟主・支配者となる。また、団体・組織を自分の意のままに動かす。主導権を握る。

「牛耳る」は近在の豪農の主人/社会百面相 魯庵」 〔中国春秋戦国時代に諸侯が同盟を結ぶ儀式で、盟主となる者が牛の耳を割いて血を採り、これを順番にすすって同盟を誓ったという。

団体や組織を支配し、思いのままに動かす。―牛耳を執る。

「牛耳る」の言葉のルーツを初めて知り、まずそこからスタートとなりました「漢字三千年展」
「その3」は象形文字他について掲載します。。

|

« 漢字三千年展 | Main | 古希同級会(高校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69465/65426103

Listed below are links to weblogs that reference 漢字三千年展 「その2」:

« 漢字三千年展 | Main | 古希同級会(高校) »