« January 2017 | Main

February 18, 2017

新潟の美術作家小品展

2017_0218_110526img_1063

2017_0218_110512img_1062
 新潟の美術作家小品展が新潟三越7階特別会場で開催、鑑賞しました。 ⇒ 会期:14日~19日

右画像、新潟女流書作家展が同時に開催、合せて鑑賞しました。

県在住ならびに出身の美術作家、約300人からお寄せいただいた作品を展示・販売との事です。

色紙は初日3万円~最終日2万円で販売です。

小品は申し込み順 3万円以上の定価販売です。

オークションは10万円以上の小品が対象 18日17:00開票

春を彩る県人アートが大集結、たくさんの先生方の作品を鑑賞・・・、大変勉強になりました。

ちなみに私は山賀先生の作品を買い求めました。

併設の女流書作家展、県内外の書壇で活躍する105人の女性書家の作品を紹介・・・、11時からの作品解説会を聴きました。

毎年この時期に開催されているようですが、私は初めての鑑賞でした。

素晴らしい作品の数々、少しでも近づけるようにと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2017

旧庄屋 佐藤家(福井)

2016_0819_135622img_0350

2016_0819_135323img_0347_3

2016_0819_134110img_0340

2016_0819_134334img_0341
 今回の記事は昨年8月、旧佐藤家(福井)を見学した時の画像・・・、北国街道沿いに興味がありました。

北国街道ロマンではないですが、道の歴史は、人の歴史でもある。

昨年3月信州上田城近くの北国街道を歩き・・・、越後の道もまた諸国へ通じている事を実感しました。

道そのものには昔日の面影はないが、曲がりくねったこの街道を行くと・・・、

歴史の道のりや重みを街道沿いの民家や寺社仏閣、城址などに伺い知る事が出来る。

そこには、史実や伝承も多く残されている。

福井地区は北国街道沿いに神社や仏閣、庄屋、古墳などが点在し、6月中頃から、ほたるが飛翔するなど、里山情緒を残す地域です。

画像の旧庄屋佐藤家 は 江戸時代後期の建築(かやぶき屋根)で、庄屋の役宅として建てられました。

数か所の改築はありますが、ほぼ建築当時の間取りが残っています。

1月のブログ で 幕末の越後が生んだ2書人の筆致、比べて楽しむ「良寛と巻菱湖」展を掲載しました。

巻菱湖さんの生誕の地が新潟市西蒲区の福井ですね!→左画像の案内板より

佐藤家 に ついては後日「その2」に掲載します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2017

信州上田のお酒 №2

2017_0122_162442img_1033

画像は長野県上田市の日本酒です。昨年の7/23に別のお酒で同じタイトルで掲載しました。

その時に北国街道 柳町 岡崎酒造㈱に触れました。

画像左が岡崎酒造㈱の「亀齢-きれい」 ・ 右が信州銘醸㈱の「真田の里」です。

創業350年、上田一の老舗酒屋 岡崎酒造、全国に25人程しかいない女性杜氏の一人岡崎さんです。
亀齢(きれい)と言う銘柄のお酒、辛口でキレがありおいしいお酒です。~夕食(3/13)で飲みました。

上記は『真田丸』上田城・松代城⇒「その8」の記事で岡崎酒造を紹介していました。

特別本醸造「亀齢」原酒 は 味・コク・香り・三拍子揃ったお酒です。

上田城のほど近くで年間200石ほどを昔ながらの手造りで醸しております と ラベルに書かれている。

右が信州上田 真田丸の里、純米酒「真田の里」です。

2本の高級酒、後日ゆっくり飲みたいと思っています。

前回の信州清酒・真田六文銭特別純米酒 と 信州上田の地酒「福無量」 もおいしかったです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2017

月例 1 月号

2017_0129_183614img_1038

2017_0129_183928img_1039
左画像 が「北日本書芸院」の月例 1 月号(02/10締切り分)の出品作品です。

いつものように随意で、先日郵送しました。

右画像が「書人会」の月例 1 月号(02/5締切り分)の出品作品です。

【読み】たいわけいうんをていす

1月より「書人会」に入会・・・、書人誌から出品する事に徐々に切替えていきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2017 | Main