« April 2016 | Main | June 2016 »

May 30, 2016

ミニ同級会

2016_0529_142141dscn0767
昨日の日曜日(5/29)、新潟駅前のカラオケスナックM で 「ミニ同級会」でした。

高校同級仲間9名でお昼の12時頃集合、午後5時迄楽しいひと時を過ごしました。

昨年は6/21、てまりの湯(道の駅国上)でした。

飲んで、歌って、 食べて・・・、 いろいろな会話も出来た約5時間でした。

後日パート2で掲載します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2016

『真田丸』上田城・松代城―その11

2016_0314_103118dscn0567

2016_0314_104205dscn0576

2016_0314_104643dscn0582

2016_0314_104546dscn0581
上田での2日目(3月14日)の朝は、前日の天候とは一転して気温が下がり 小雪でした。

上田から少し離れた真田町で真田氏歴史館見学からスタートしました。

左から①の画像は真田氏歴史館の正面、②真田氏館跡(御屋敷跡)、③御屋敷公園目印、④御屋敷公園の周辺地図等です。

①鶴瓶・ブラタモリの番組にも出て来ましたが、語り部のNさんが兄信幸の奥さんを間違えて説明した場面がありました。

Nさんと当日10分位話が出来、間違えて語り部の資格ないですね・・・、そんなエピソードも含めて「その12」に歴史館他を詳しくまとめたいと思います。

②は御屋敷跡で真田昌幸が天正11年(1583年)上田城を築城する以前、居館とされており、昌幸の父幸隆(幸綱)、兄信綱の代から用いられていた御屋敷である。

③、④は御屋敷公園の場所と周辺地図であるが、御屋敷は763mと新潟地元の弥彦山より高い場所にある。

上記詳細については「その12」に掲載します。

信繁の父昌幸は武田信玄の側近として武田流の戦い方を身につけた。~そんな事も含め 更に 初代真田幸隆と言う人物は・・・?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2016

『真田丸』上田城・松代城―その10

2016_0314_085329dscn0561
ホテル祥園に入ったのが18時半頃でした。

朝の新幹線上田駅到着が10時42分でしたので、8時間ほど上田城周辺を見学していた事になります。

それもお昼も食べないで上田城内、ドラマ館他館内又街歩きでした。

19時過ぎに外で「真田丸」を観ながら夕食出来るお店を探しましたが・・・、結局ホテル内で夕食としました。

「その9」にも触れましたが、ブラタモリの番組に出て来たホテルとは・・・、ここに来る迄知りませんでした。

ホテル祥園を勧めていただいたのは、今回お世話になったブログ・書道仲間のYさんです。

明日午前中真田町を案内してもらう事になっています。

夕食は19時半から21時過ぎ、20時からの「真田丸」第10回を観ながらの楽しいひと時でした。

店員さんと1月2日のブラタモリの話を聞いたり・・・、ホテルでの食事で良かったなぁと思いました。

宿泊のお客さんだけでなく、外からのお客も立ち寄れる場所で、お店も広く、ゆったりと出来る雰囲気の良いお店でした。

お座敷に上がり、「その8」で触れました老舗酒屋 岡崎酒造の亀齢(きれい)という銘柄のお酒を飲みながら今日一日 を Kさんと振り返っていました。

辛口でキレがありおいしいお酒でした。そして信州ハムとウィンナーが大変おいしかったです。

その後和室でゆっくり、温泉に入ったりゆっくりくつろぐ事になります。

翌朝Yさんから9時に迎えに来てもらい真田町へ・・・、途中に15分位Yさんの書道教室を立ち寄らせていただきました。

「その11」はいよいよ真田町、真田氏歴史館です。

画像は翌朝14日朝8時半過ぎです。~13日の素晴らしい天候から一転して小雪でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

町内同級会

2016_0521_181204dscn0728

2016_0521_182716dscn0730

2016_0521_182743dscn0731

2016_0521_184216dscn0733
昨日(21日)18時から町内(水道町3丁目 )の 同級会が 地元の「魚芳」でありました。

毎年恒例になっていますが、一昨年迄は3月でしたが昨年から5月第3土曜日としました。

今年の幹事長はO さん、参加者は男性6名、女性7名の13名でした。

1年振りの顔合せ、いろいろな話を聞かせていただき、楽しい一時を過ごしました。

閉会は 20時半過ぎ、2次会は近くのスナックで男性6名で行き、帰宅は23時過ぎでした。

話題は健康、家族、子供、年金、仕事・・・、 と 話は尽きませんでした。

何でも遠慮なく話せる町内の同級生、一年に一回 のストレス発散の場にもなっています。

参加した皆さんからたくさんのパワー ・エネルギーを もらいました。

来年は私が幹事のようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2016

さかしだに(逆谷)―越後・三島

2016_0506_111158dscn0685

2016_0506_111426dscn0690

2016_0506_111306dscn0688

2016_0506_111935dscn0692
 5月の大型連休中に、歴史とロマンの里と言われている長岡市逆谷(さかしだに)に行って来ました。

上杉謙信、直江兼続 ゆかりの地でもあります。

新潟県の中央部、大河信濃川によって作られた穀倉新潟平野の西側に連なる丘陵に、四方を囲まれた山里、そこが逆谷です。

左から①②③は寛益寺(かんにゃくじ)で、歴史は古く奈良時代です・・・、寛益寺御案内板の③の画像を観るとわかります。

上杉家と寛益寺、寛益寺と与板衆は深い関わりがあったようです。

与板衆の軍団は、上杉家や直江家を支え、兼続の時代に至って最強の軍団に成長する。

右端の画像は日吉神社で「直江山城守の奉納された木像が神社の宝物としてある」 と 語り継がれている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2016

『真田丸』上田城・松代城―その9

2016_0313_172524dscn0556

2016_0313_172637dscn0558

2016_0314_085231dscn0559

2016_0314_085259dscn0560
上田城を離れて街歩き、「柳町」は夕方の5時頃、その後上田の街の中へ・・・、夕方5時半頃の画像です。

ブラタモリの番組に出て来ました暗渠(あんきょ)です。

番組は橋の欄干を見つけた場面から・・・、暗渠を発見・・・、左から①②の画像です。

但し番組の場所とは違うと思います。

暗渠とは流路にフタがされて、地下を流れている川で真田が造った防御柵だった可能性があるとの事。

敵が入ってきた時、ここが木橋で家も一気にガサっと!~全部壊し、いきなり敵が入って来るのを遮断する。

普通は川の流れを作り、そこに橋をかけて町家を置くが・・・、もっと大規模に川を覆い道を通し、家まで建てた。

こうすると街道を歩いている人は川の存在がわからない。

いざという時に道路も家も壊しそこに突然川が現れる。

敵を混乱させる落とし穴のような機能をもった暗渠を真田が造った可能性がある。

まさに奇想天外といえる防御柵がここに・・・・・。

画像のポイントが真田が造ったとされる場所にあたるかどうかわかりません。-違っていたら御免なさい。

画像③④がいよいよ宿泊先のホテル祥園です。~時間は夕方6時過ぎでした。

画像の時間帯は翌朝の8時半頃で、14日の天候は一転して小雪でした。

ブラタモリの番組では上田駅から城下町の独特のクランク(道路)を説明、そして上田高校、その後ホテル祥園前で立ち寄る場面でした。

入口にそば処の旗があり・・、女将さんが出てこられ、「お化粧くらい直させて下さい」 と ・・・、テレビの一場面。

立ち寄りインタビューしますとの話は事前にあったわけではないようです。~夕食時店員さんから聞きました。

上田市が舞台のアニメ映画「サマーウォーズ」に出て来るキャラクター・・・、映画の旗がボロボロに!色もあせている。

「真田丸」も5年くらいしたら、ボロボロになって来るのかな! と 堺さん~色あせた俺が・・・・・

最後に女将さんに深々と頭を下げていた堺さんが印象的でした。

実は今回の宿泊が1月2日のブラタモリに出て来たホテルとは知らなかったです。―ホテル名も出ず、そば処という感じでした。

ホテルに入ったのが6時過ぎで夕食はホテル内で7時半からでした。

19時過ぎに上田駅迄ブラブラ、食事するに適当な場所があれば と 探したが結局ホテルと決めました。

20時からの「真田丸」を観ながらの夕食でした。

ホテル祥園の続きは「その10」で掲載します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2016

『真田丸』上田城・松代城―その8

2016_0313_170929dscn0554

2016_0313_171011dscn0555
上田城を離れて街歩き、旧北国街道の昔ながらの街並み「柳町」です。

格子造りや蔵造りの家々が軒を連ね、造り酒屋や蕎麦屋などの飲食店が並びます。

うだつや格子戸の残る家並みは旅情をそそる。

画像左①「柳町」の御案内と見どころの書いた案内板です。

画像右は「柳町」の街並みです。

①御案内
真田昌幸は上田城を築き、約15年後の1598年、上田城下に北国街道が通ります。

この北国街道は参勤交代の大名(加賀百万石)や佐渡金山の金の通路として、又庶民の善光寺参りの参道として大変に賑わいました。

柳町が面する通りが北国街道です。

①見どころ
★軒高が揃った美しさ
軒や屋根の高低差が少なく整然と揃った美しさを感じさせます。

★親付き切り子格子
2階に取り付けられた格子、長いもの(親)と短いもの(子)があり、それぞれの本数も家によって異なっています。
~親付き切り子格子と言います。

その他 ★うだつ、★なまこ壁の土蔵も見る事も出来ます。

②の街並みの中に蕎麦屋さん、造り酒屋さん・・・があり、その中で岡崎酒造さんを取りあげます。

創業350年、上田一の老舗酒屋 岡崎酒造、全国に25人程しかいない女性杜氏の一人岡崎さんです。

亀齢(きれい)と言う銘柄のお酒、辛口でキレがありおいしいお酒です。~夕食で飲みました。

槽(ふな)しぼり⇒昔ながらの製法の酒づくりが特徴のようです。

雑味のないスッキリとした味わいになるようです。

試飲も可能のようですが何処も立ち寄りませんでした。―岡崎酒造さんはテレビの某番組からですので聞き違っていたら御免なさいです。

1665年創業は全国でも珍しいと思うし・・・、上田は蕎麦の美味しい処、夕食に食べました。

「その9」は暗渠(あんきょ)、宿泊ホテルの予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2016

月例 4 月号

2016_0504_102957dscn0682
左画像 は 北日本書芸院 月例 4 月号(5/10締切り分)の出品作品です。

4 月号は3月号と同じく、条幅随意です。

昨年1月号から先月の3月号迄の出品は、凌雲会数人でまとめての出品でした。

4月号からは私個人の出品となり、今日燕郵便局に行って来ました。

これから公募展を含め忙しくなります、少しでも連休中にと思って予定はしていましたが・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2016

つばめ の 朝市

2016_0503_080148dscn0678

2016_0503_075919dscn0676
毎年5月恒例になりましたが、今日朝7時半過ぎ、 母親とつばめの朝市に行って来ました。

母親も高齢になり、歩くのも時間がかかりました。

水ナス6本、トマト2本の苗、そして 野菜、果物、漬物、山菜、他 を 買いました。

今日は良い天気で気持よく買い物が出来ました。

途中、同級生のS君に逢い、久し振りの会話でした。

一昨年は知人のKさんが出ておられ、トコロテンや豆腐を買いましたが、今日は姿が見えませんでした。

お店の数とお客も年々少なくなっているような気がしました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2人で飲み会

2016_0502_165421dscn0666

2016_0502_193259dscn0669
昨日(5/02)の夜、旧栄町のKさんと・・・、場所はいつものように 「嵯峨野」さん、2人で飲みながら食べながら、17時過ぎから3時間余でした。

3月13・14日、二人で上田城、松代城見学 楽しい思い出の旅となりました。

戦国時代の話が中心で、楽しいひと時を過ごしました。

「真田丸」上田城・松代城のブログ、「その7」迄の記事をプリントアウト、そして大河ドラマ4/24迄の視聴率をプリントアウトして行きましたので、店のお客さんを含めて楽しい会話となりました。

昨日からパソコンの調子が悪く、今回の記事はここ迄にします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2016 | Main | June 2016 »