« 日曜日 | Main | 大晦日 »

December 30, 2014

松山城城主と長岡京遷都 その7

2014_1020_154544dscn8925

2014_1020_154601dscn8926

2014_1020_154742dscn8927
 松山城も第7回になりました。

長岡京遷都も加えようと思いながら・・・、次の8回に掲載予定にします。

歴史・沿革 【昭和・平成時代】
1933年(昭和8年)松山城放火事件により大天守を除く本壇の現存建築を焼失。

1935年(昭和10年)、天守など35棟の建造物が国宝保存法に基づく国宝に指定される。

1945年(昭和20年)松山空襲で天神櫓など11棟が焼失。

1949年(昭和24年)放火により筒井門とその東続櫓、西続櫓の3棟を焼失。

1950年(昭和25年)大天守以下21棟の建造物について、重要文化財保護法により国の重要文化財に指定される。

1952年(昭和27年)に、二之丸と三之丸を含む松山城山公園が国の史跡に指定される。

1955年(昭和30年)にはロープウェイが、1966年(昭和41年)には平行してリフトがそれぞれ登城客の利便を図るため設置され、360度開けた大天守からの眺望のよさもあり、松山市を代表する観光地となっている。

1968年(昭和43年)1933年に焼失した本壇の建造物群を木造により復元。

1989年(平成元年)に、松山城山公園が日本さくら名所100選に選定された。

1992年(平成4年)4月に、大井戸などの遺構や茶室が整備された松山城二之丸史跡庭園が落成。

2004年(平成16年)10月より行われていた大天守ほか6棟の改修工事は2006年(平成18年)11月末に終了。改修を記念して、大天守の「しゃちほこ」に「天丸」と「まつ姫」の愛称が公募によって付けられた。また、改修工事中、江戸時代に侍を描いたと思われる、下見板裏の落書きが発見され、天守内に展示している。

2006年(平成18年)に、松山城山公園が日本の歴史公園100選に選定された。

2006年(平成18年)4月6日、日本100名城(81番)に選定された。

2007年(平成19年)3月2日、情緒ある佇まいが残されていることが評価され美しい日本の歴史的風土100選に道後温泉と共に選定された。

2008年(平成20年)1月、現存12天守スタンプ帳付きの松山城観光案内図の配布開始。

2009年(平成21年)3月 ミシュランガイド(観光地)日本編において「2つ星」に選定される。

2014年、三之丸跡の発掘調査で『亀郭城秘図』と合致する石垣跡が発見された。トリップアドバイザーによる「行ってよかった! 日本の城ランキング2014」で2位になった。

長岡京遷都、次の その8 に掲載予定です。

|

« 日曜日 | Main | 大晦日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69465/60894603

Listed below are links to weblogs that reference 松山城城主と長岡京遷都 その7:

« 日曜日 | Main | 大晦日 »