« 書道展 出品作品 | Main | 第九回凌雲会書道展(2日目) »

June 15, 2013

第九回凌雲会書道展

2013_0615_100155dscn5675

2013_0615_130240dscn5691_2
 第九回凌雲会書道展が開催されました。

2日間の会期(15日~16日)、今日は産業カレンダー営業日にもかかわらず、たくさんの方々から鑑賞していただいた初日でした。

私は事務局ですが、昨日の搬入 と 書道展初日の今日は会場にいませんでした。

画像はお昼時で数人の方々が鑑賞されていました。

明日が早くも最終日で、時間も13時終了です。

時間がありましたら会場に足を運んで下さい。

2013_0615_173523dscn5696

2013_0615_173457dscn5695
 ●「樹千銀」 : ぎんせんじゅ

この句のもとは、「山家の富貴は銀千樹」。― さんかのふうきは ぎんせんじゅ

山あいの貧しい農村に、雪が降り積もりました。

あたり一面の雪景色で、山の木々も雪に埋もれて銀細工のように美しく輝いています。

そんな、金銭では決して得られない豊かさに満ちた世界を表す言葉です。

世の中には、お金で買えないものもあります。

● 「鴻志」 : こうし  

意味:「大きな志」です     

「鴻」とは「おおとり」、一説には「ひしくい」といい、大きな水鳥です。

 「鴻志」という語句の起源は、「燕雀(えんじゃく)いずくんぞ鴻鵠(こうこく)の志を知らんや」

「燕や雀のような小さな鳥には、鴻などの大きな鳥の志がわからない」にあります。

小人物には大人物のいだく志はわからない、という意味です。

私達もこんな「大きな志」を持ちたいものですね。

以前は3・4日間の会期でしたが、3~4年前からは2日間にしています。

明日は早くも最終日、張り切って朝9から終了の13時迄・・・、その後 の あとかたずけ 作品搬出迄 しっかりと責任を果したいと思います。

14時から反省会、昨年と同じ15名の参加予定です。

|

« 書道展 出品作品 | Main | 第九回凌雲会書道展(2日目) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69465/57600100

Listed below are links to weblogs that reference 第九回凌雲会書道展:

« 書道展 出品作品 | Main | 第九回凌雲会書道展(2日目) »