« 『天地人』完結 PART9 | Main | H工業団地公園 »

February 28, 2010

山内一豊の掛川城

2010_0120_115115dscn1099


2010_0120_114812dscn1096
 最近は「天地人」「トヨタミュージアム」のシリーズを中心に…、時間のあるときは書いていました。

山内一豊の掛川城は先月(1月)に行き、これも3回位に分け綴ります。

最近仕事の都合でブログに向きあう時間が少なくなりましたが、気分転換も必要ですし、ブログの時間も大切にしながら…、 と 思っています。

戦国武将たちの覇権争いの中での掛川城の歴史

掛川城より東に約500メートルほどの所に掛川古城があったと案内の方から聞きました。

桶狭間の戦(1560)で今川義元が織田信長によって倒されると、永禄11年(1568)義元の子氏真(うじさね)は武田氏に駿河を追われ、掛川城に立て籠もりました。

翌年、徳川家康は、掛川城を攻め長期にわたる攻防の末、和睦により開城させました。

家康領有後、重臣石川家成が入城し、甲斐からの武田氏侵攻の防御の拠点となりました。

天正18年(1590)全国平定を達成した豊臣秀吉は、徳川家康を関東へ移すと、家康旧領地には秀吉支配下の大名を配置し、掛川城には山内一豊が入りました。

一豊は多くの混乱により傷んだ城の改築や城下の整備を行うとともに、この時初めて天守閣を作りました。

PART2は掛川城天守閣の特徴から綴ります。

掛川城は静岡県掛川市にあり 大河ドラマも見られた方も多いと思います。

画像は山内一豊と掛川城です。


|

« 『天地人』完結 PART9 | Main | H工業団地公園 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69465/47688153

Listed below are links to weblogs that reference 山内一豊の掛川城:

« 『天地人』完結 PART9 | Main | H工業団地公園 »