« 弥彦初詣 | Main | 国上寺と乙子神社 »

January 02, 2010

書き初め

2010_0102_125947dscn1062
 正月二日は書き初めです。何を書こうか先日から考えていましたが…、

昨年が半紙2枚でしたので、今年は半切以上の紙に1枚 と 半紙1枚、調和体で書きました。

[読み] 春は回る(めぐる)雨天渓声(うてんけいせい)の裏 人は酔う梅花竹影(ばいかちくえい)の中(うち)
   
[意味] 春は、しとしとと降る雨にも、谷川のせせらぎにもめぐってきた。人々は梅花竹林の間で酒に酔う。

文字の大・小 墨の潤渇など意識して書いたが…、今日はいきなり書いたので、こんなもんですなぁ!

2010_0102_130142dscn1064
 調和体・近代詩文です。~雪にちなんだ句を抜粋して書きました。

『はじめての雪 闇(やみ)に降(ふ)り 闇にやむ』

この句―今年はじめての雪の時間。外の闇を見て初雪の降りはじめたことを知った。

闇の黒さと雪の白さの対比が美しい。シーンと静かなひと時。

いつのまにか雪はやんでいたが外はまだまっくらである。幻想的な時間は終った。

なんとなく、ごまかされたような気もするが、いかにも初雪らしいとなっとくする。

不思議な句であるが、楽しい句である と 解説されていました。

新春の「書」 墨のにおいで気持も引き締まります。⇒午前中の1~2時間でした。


|

« 弥彦初詣 | Main | 国上寺と乙子神社 »

Comments

おめでとうございます 旧年中は本当に拙い
ブログに お訪ね頂き有難うございました。
今年もよろしくお願いします。

今年の書き初め いやー素晴らしいです 才能、
努力家で、 何時も敬服しています 、今年の
活躍を期待しています

Posted by: taka | January 02, 2010 at 06:04 PM

おはようございます、新年のご挨拶が今頃になり申し訳ございません。

今年も宜しくお願いいたします。

書き初め…沢山書かれましたね、書道は五感を全て使うと、脳全体もつかうと聞きます。


墨の香りの中、文字を書くことは落ち着きます。


KANちゃんにとって、更なる飛躍の歳になるよう願っております。

Posted by: 揺光 | January 10, 2010 at 08:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69465/47185387

Listed below are links to weblogs that reference 書き初め:

« 弥彦初詣 | Main | 国上寺と乙子神社 »