« 分水良寛資料館 | Main | 「わかでき」物語~ビジネス編~ »

March 04, 2007

調和体・近代詩文

Weblog0703_003
 『ももさくや つぼみがえだをひきだして』 作者 川崎展宏

梅が終り、桜にはまだ早いころ、この間を縫うようにして、桃の花が咲いて春たけなわを思わせる。


 久し振りの休日…、のんびりした日曜日でした。
この所生産活動より設備で土日が費やされていましたが、今日はゆっくり と のんびりと過ごしました

「書」からも遠ざかっていましたので、久し振りに画像の近代詩文を調和体で書きアップしました。

日頃は楷書、行書、草書で調和体で書く事はないですが、雑誌を見ていたら書きたくなり挑戦してみました。

「桃」は植物で静態ですが、動物の躍動のように動態で表現してみました。

「書」にももう少し時間をとり、しっかりやりたいと思っていますがなかなか……。

ブログも記事だけでなく、仲間の皆さんにコメントもあまりしていないのが現状です。
来週から少し時間がとれると思います。

|

« 分水良寛資料館 | Main | 「わかでき」物語~ビジネス編~ »

Comments

書きたくなって書いたなんていいですよね〜


私も今すごく書きたい!


そんなお友達のおひとりがKANちゃんでよかったです。


作品動きのある文字ですね!いきいきとしています!

Posted by: 揺光(^O^) | March 04, 2007 at 09:24 PM

KANちゃん、上手ですね!
春の芽吹きを感じますよ!
さらさらと書くのは大変ですよね!
何枚も書くのかしら?そのうちの一枚?

Posted by: ちぐちゃん | March 05, 2007 at 07:58 PM

こんばんは春です。
桃の花ってとても綺麗ですよね。
庭先に白桃が有ったのですが、2~3年前に伐ってしまいました。これから杏が咲きます。今は雪柳が満開です。
KANさんの書はいつ見ても素晴らしいですね。
行書や草書以上に難しいのではないかと思います。
1日が30時間位あるといいですね。(^。^)


Posted by: はるちゃん | March 06, 2007 at 07:57 PM

こんばんは、やまちゃんです。
土、日返上で仕事をされ、その上に「書」に携われるとは頭の下がる思いです。どうか季節柄、ご自愛のほど。

ブログのコメントは、マイペースで結構ですから。
これからもよろしくお願いします。

Posted by: やまちゃん | March 07, 2007 at 12:38 AM

これいいじゃないですか。実は昨日出雲崎の良寛の書を見て来ました。解説を読んでやっと内容を理解したくらいですが書はいいですね。

Posted by: 阿武さんのゆきあたりばったり | March 07, 2007 at 09:05 PM

すごく躍動感があっていいですね。素人のわたしにも、すごく理解しやすく入ってきます。たまにこういうのも、楽しめますね。

Posted by: 松山です | March 15, 2007 at 08:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69465/14130671

Listed below are links to weblogs that reference 調和体・近代詩文:

« 分水良寛資料館 | Main | 「わかでき」物語~ビジネス編~ »