« 「凌雲書道会」新年会 | Main | 調和体・近代詩文 »

February 18, 2007

分水良寛資料館

Weblog0702_010
Weblog0702_005
Weblog0702_004
 分水資料館にて、冬の企画展「国上に集う人々」がありました。

良寛の遺墨を中心として、12名の近隣の先生方の作品を鑑賞しました。

その中でポスターでも掲載されていますが、村上三島の良寛碑文がひときわ目立ちました。(右画像)


Weblog0702_008
 弥彦で出会う新潟「現代の書展」が開催されます。

出品作品は新潟を代表する21名の書家です。(親しくしている藍堂さんの作品もあります)


会期;5月3日(祝)~5月20日(日)
会場;弥彦村総合コミュニティセンター
入場料;大人500円 高校生300円 小中学生は無料    ※前売り券あります

|

« 「凌雲書道会」新年会 | Main | 調和体・近代詩文 »

Comments

弥彦のやよい酒屋に行ったら、藍堂さんが書いたラベルの酒が売られていました。ワダスのブログに載せました。

Posted by: 阿武さんのゆきあたりばったり | February 27, 2007 06:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 分水良寛資料館:

« 「凌雲書道会」新年会 | Main | 調和体・近代詩文 »