« 納涼会⇒パート2 | Main | 照井夫婦のガラス展 »

September 03, 2006

弥彦うさち展

Weblog0609_013
Weblog0609_010
Weblog0609_011
Weblog0609_012
 作家九人によるグループ展「弥彦うさち展」が弥彦村ギャラリーうさちで開かれており鑑賞しました。

ウサギをテーマとして、書や絵画、ガラス、人形、流木、クラフトなどさまざまなジャンルの作品を一堂に展示してありました。
書家の藍堂さん⇒耳を立てて笑っているウサギの絵に、「いいことする 神さま見てる いいことある」
「いつもありがとね」などの分かりやすい言葉が添えられている。

仮名文字の小川さん⇒万葉の歌を書いた短冊や姫びょうぶなどの作品。
「白玉の間あけつつ抜ける緒もくくり寄すればまたあうものを」

その他絵画、陶芸、人形、色紙、流木、クラフトetc、たくさんのウサギを題材とした作品、見応えがありました。

ウサギは日頃から意識して作っているモチーフとかで、その輪をどんどん広げていきたい計画もあるようです。

帰りに藍堂さんの教室へ寄ってきました。

|

« 納涼会⇒パート2 | Main | 照井夫婦のガラス展 »

Comments

こんばんは春です!
何時もコメント有り難う御座います。
”弥彦うさち展”心温まる微笑ましい作品ですね。
身近に感じます、私ウサギ年だから、また沢山の種類のウサギさん、観ていて飽きないくらいです。ヽ(^。^)ノ

Posted by: はるちゃん | September 04, 2006 at 08:38 PM

こんばんは、たけちゃんです。
「弥彦のうさち展」いいですね!
「いいことする 神さま見ている いいことある」
いい言葉ですね。

Posted by: たけちゃん | September 04, 2006 at 11:14 PM

こんばんは、大好です、
お仕事しながら、休日を芸術に打ち込む姿に尊敬しちゃいます。「弥彦うさち展」素敵な作品ばかりですね、また、色々な作品の雰囲気がとてもいいですね。万葉の仮名文字の線質のやわらかさに感動しました、夢でも良いから、このように上手に書けることを、見てみたいですね。
 また、数多くの作品の額にも大変興味があり勉強になりました。
今週の谷川岳行きも台風が東に反れてくれてほっとしています。

Posted by: 人我大好 | September 05, 2006 at 11:08 PM

KANちゃんはいい休日過ごしていますね。私はこのところ農作業続きでぐったりしています。でも日曜夜の「新日曜美術館」は欠かしません。

Posted by: 阿武さんのゆきあたりばったり | September 06, 2006 at 05:49 PM

KANさん、こんばんは(*^_^*)
画像でいろんな作品を見せてもらいました♪
とっても癒されますね。
「いつもありがとね」と感謝する気持ちを忘れないで
いたいと思いました。

Posted by: ゆっぽん | September 08, 2006 at 01:05 AM

こんばんは!
コメントありがとうございます。
さっそく、印刷をして社長に渡しました。
卓球をする際には、気楽に声をおかけ下さい。
ありがとうございました。

Posted by: げんちゃん | September 09, 2006 at 07:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69465/11744025

Listed below are links to weblogs that reference 弥彦うさち展:

« 納涼会⇒パート2 | Main | 照井夫婦のガラス展 »