« アートコンテストと彫金⇒審査結果 | Main | 日本伝統工芸展(彫金⇒市川さん) »

September 23, 2006

”食育について考えよう”フォーラムパート1

061022_001
 今日19時30分より、燕勤労者総合福祉センターにおいて、”食育について考えよう”フォーラムがあり、燕産地品を積極的に使ったカレーを食べての勉強会でした。

配布された資料を基に、3~4回に分けて照会したいと思います。


061022_012
061022_009
061022_011
061022_015
 食育とは?
これまで、教育の中心は「知育」「徳育」「体育」の3つが基本とされていましたが、さらに、現在最も注目されているのが「食育」です。

食育とは、健康的な生活を送るために、食に関するあらゆる知識を育むことです。

最近では、子供の教育の一環として取入れられるようになりましたが、子供に限らず、大人も知る必要があることは、言うまでもありません。

例えば、食事の栄養バランスと生活のリズム、食品に関する正しい情報や昔ながらの伝統的な食文化など、”食”に関するあらゆる事を知り、また考えることが、食育へとつながります。

パート2は なぜ今、食育なのか? カレーの器、スプーン、食材⇒燕産etcの話です。

|

« アートコンテストと彫金⇒審査結果 | Main | 日本伝統工芸展(彫金⇒市川さん) »

Comments

 最後に出てきましたね!食器の燕市。
 何年か前に行って、スプーンか何かを買った覚えがあります。
 燕市が世界に食器を輸出しているなんて始めて知り、驚いた(失礼)けど納得しました。
 食育ですか・・・あまり馴染みの無い言葉だけど、今後注目します。続けてください。

Posted by: 男爵様 | September 24, 2006 at 09:43 PM

最近よく聞きますが大切なことですよね。私も他人の教育にとやかく言いたくはないですが、小さい子供に勉強、勉強と厳しく言い、そのご褒美だと炭酸飲料やお菓子をたくさん与える親を見ていると違和感を覚えます。昔はたまの外食が嬉しくて仕方なかったのが、今の子は昔の外食メニューみたいのばかり食べていますからね。手間でも子供の為に親としてよく考えるべき部分だと思います。 

Posted by: 松山です | September 25, 2006 at 08:27 AM

いつも感心しています、
本当に真面目な人柄が出ているブログです、
実は私も会場まで出掛けましたが、男性は役員だけの様だし
家内はお話を聞に行きましたが 帰りました、
拙い雑炊ブログですが よろしく、

Posted by: taka | September 25, 2006 at 11:13 PM

おはようございます。
最近することが多くなってきまして記事を書く時間が取れません。UPできないのに登録だけしておくことは、更新されてる皆様にとってご迷惑をおかけすると判断し、今回削除させてもらいました。今後はとりあえず今まで学んできたことを自分自身の為に記録として少しづつUP出来ればと思っています。今後また、継続してUPできる状態になりましたら、再登録するかもしれませんので、その時はまたよろしくお願い致します。短い間でしたがありがとうございました。

Posted by: げんちゃん | September 26, 2006 at 04:09 AM

こんばんは大好です。
食育という言葉は、私も最近聞いたことがありますが、詳しくはKANちゃんの記事で始めて知りました、食の大切さを、最近痛切に感じています。先週、病院で総コレストロールが283(正常値130~220)に上がっていることを知らされ夫婦で栄養指導の講習を受けたばかりです。食べ物というのは、私たちの心や体の健康を支えて行くためにとても大切なものですね。今は、94センチのズボンを88センチに落とすのが目標です。
 次回の記事も楽しみにしています。

Posted by: 人我大好 | September 26, 2006 at 08:57 PM

 お久しぶりです。金沢の書道家松井です。食育フオーラムはいまや花形ですね。

Posted by: 金沢の書道家松井です。 | September 27, 2006 at 12:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69465/12012486

Listed below are links to weblogs that reference ”食育について考えよう”フォーラムパート1:

« アートコンテストと彫金⇒審査結果 | Main | 日本伝統工芸展(彫金⇒市川さん) »