« 土曜日(棟上、公開討論会) | Main | 燕市分水良寛資料館 »

April 27, 2006

一人の女性から学ぶ

Weblog0604_010
 今日朝の通勤途上、水道町の信号交差点にさしかかった時…、時間は7時を5分位まわっていました。
信号向こう側に一人の女性の姿がありました。
その女性はこのたびの市長選挙に負けたSさんでした。(信号脇のコンビニから画像にしました)

実は昨日の夜ある人の電話で、負けた候補が精神的にも肉体的にもピークに達しているにもかかわらず、
毎朝早くから場所を変え ”ありがとうございました”と言って、通る車に頭を下げている姿に胸をうたれ、花束でも持って行きたい位でしたとその人は言っておられました。

それを聞いて涙が出ました…。今こうやって書いていて、立って頭を下げて”ありがとうございました”を思い浮かべると涙が出ます。

今回の決断、勇気!…人間的にも一回り大きくなったなぁと実感していました。
政治の世界、政策云々の話はブログのなかでは触れませんが、人間的にも教えられる事、参考になる事は多々あります。

どこでも同じだが、やはり人の上に立ちリーダーシップをとる人には、見えない苦労と努力の積み重ねがある。
言葉でわかっていても いざ 実行となるとなかなか出来ないのが人間の常です。
それに”気づき”の大切さである。
それには日頃の心構えと何事にも関心を持つ事の重要性を感じる。

私はSさんとは目指すものが違うと思うが、”危機感と緊張感を持って物事にあたれ”その姿勢こそが原点であり、
人生の中で大切である と 教えられたような気がします。

今日の姿を見て感じ、教えられた事であり、忘れられない通勤タイムになりました。


|

« 土曜日(棟上、公開討論会) | Main | 燕市分水良寛資料館 »

Comments

こんばんは、やまちゃんです。
私も、選挙後にある方からその事を聞きました。
選挙が終われば当選、落選に関わらず「終わったことら」で済ますのが常ですが、立派です。
なかなか出来ませんし、そんな方は今まで聞きません。
私は、「Sさん」に伝えたいです。
8,000票は、あなたの後ろで応援していたのだ!と。
そして、これからも応援している。と、いうことを。

Posted by: やまちゃん | April 29, 2006 at 12:26 AM

KANさん、こんにちは。
そんな事があったのですね。画像を見て、私も涙が出ました。
いよいよ燕市も女性市長誕生かと期待していただけに残念に思いました。
ところでブログを引っ越しました。
これからもよろしくお願いします。

Posted by: ゆっぽん | April 29, 2006 at 03:25 PM

私も27日の朝この道を通って吉田に行きました。偶然見かけました。もうあれから4日経っていました。その行動は心からでたものだと思います。そう行動せずにはいられない斉藤さんの心が行動となっていました。あんな風に行動をする斉藤さんは素晴らしい人だと思いました。

Posted by: 阿武さんのゆきあたりばったり | April 29, 2006 at 07:53 PM

こんばんは、人間的にできた素晴らしい候補者ですね、私も感動しちゃいました。
この方は当選されてもきっとお礼のご挨拶をされていたことでしょう。次回に立候補されればきっと当選されるのではないでしょうか。私だったら一票投じると思います。
 KANちゃんのご出勤は早いですね、お体に気をつけてください。

Posted by: 人我大好 | April 30, 2006 at 12:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69465/9794876

Listed below are links to weblogs that reference 一人の女性から学ぶ:

« 土曜日(棟上、公開討論会) | Main | 燕市分水良寛資料館 »