« 五十にして天命を知る | Main | 弥彦・野外アート展 »

October 02, 2005

美術展覧会作品

weblog10_006
 第30回燕市美術展覧会の作品がようやくまとまり表具(額装)に出します。

行草書で良寛詩円通寺を40文字でまとめました。
自来円通寺 幾度経冬春 衣垢聊自濯 食尽出城闉 門前千家邑 更不知一人 曽読高僧伝 僧可可清貧

下記の日程です。(入選しなければ展示されません)
会期   10/21(金)~10/24(月)
搬入日  10/14(金) 
審査日  10/15(土)
会場   総合文化センター

 燕市は来年、吉田町、分水町と合併します。 
第30回は、合併前の燕市最後の記念の展覧会でもあります。

|

« 五十にして天命を知る | Main | 弥彦・野外アート展 »

Comments

こんばんは、いつもコメントをいただき恐縮しています、楽しく拝見させていただいています、合併前最後の展覧会に出品される、行草書はりっぱな大作ですね。大好もKANちゃんの入選結果を楽しみにしています。
 燕市は大きな市になるのですね。合併の記事でYAHOOの地図を開き、三市をクリックして30分ほど楽しみました。信越地方がますます親しみが出てきました。
 コメントで紹介された小中高1位を独占されたとのこと立派な成績ですね。
文武両道のKANちゃんに感銘しました。
コメントいただいた孫の優君は先頭を走っています。家内によく似ています。
 これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: 人我大好 | October 02, 2005 11:18 PM

秋の夜長に墨を摺り(そういや墨汁でしたっけ)精神を集中し紙に向う。そいいう時間必要なのかも知れませんね。KANちゃんの文からは落ち着きと遠くを見据えているような深さが感じられます。

Posted by: 阿武さんのゆきあたりばったり | October 05, 2005 09:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 美術展覧会作品:

« 五十にして天命を知る | Main | 弥彦・野外アート展 »