« 弥彦・野外アート展 | Main | 「漢字かな交じり書/行書」作品 »

October 10, 2005

魅せられて「二人展」

weblog10_032
weblog10_035
weblog10_030
                     旧新津市(新潟市美幸町)、小さなアトリエ「悠」で、田中藍堂(書家)、田中美佐子(パッチワーク)の二人展(10/5~10/19)があり観ました。

新津市(燕から35k位)も新潟市に合併し、更に巻町の合併で新潟市は81万人の人口になります。

普通の家をアトリエとして、いろいろなジャンルの作家が一定期間展示し、お客から観てもらい、気にいったモノを買ってもらう……。
勿論オーナーがいて、企画経営されている事と思います。

藍堂さんの書も人気があり、たくさんの作品が配置良く、観る人を楽しませています。
今日の新潟日報に「書写教育に独自の指導法で取組む」と言う藍堂さんの記事が載っていました。

二人展の作品を観る事もさることながら、このような形での人のつながり又商売があるのだなぁと、新しい発見をしました。

団塊世代の私ですが、生き方にヒントを貰ったような気がします。
気持ちに余裕と、生活にゆとりが必要だと実感しました。

新津美術館を観る予定でしたが休館日で次の機会にします。(アトリエの当番の彼女が親切にわざわざ電話で聞いてくださいました)

weblog10_041
weblog10_042
 帰りにお昼前でしたが、近くに無尽蔵にいつ家(ブログ仲間やまちゃんの昨日の記事に無尽蔵三条家が載りました)があり、味噌ラーメン太麺を注文し美味しく食べました。
 

|

« 弥彦・野外アート展 | Main | 「漢字かな交じり書/行書」作品 »

Comments

こんばんは、やまちゃんです。
たいへん精力的に観ておられるんですね!
「書」を「静」とたとえるならば、「バイタリティー」は「動」でしょうか。

>団塊世代の私ですが、生き方にヒントを貰ったような気がします。
気持ちに余裕と、生活にゆとりが必要だと実感しました。
私も参考にしたいと思います。
これからもよろしくお願いします。


Posted by: やまちゃん | October 10, 2005 at 10:37 PM

今必要なのは立ち止まって自分を見つめる事かもしれません。わかっててもなかなかできません。忙中閑有りといいます。時間は自分で作らなければだめですよね。そのように努力します。

Posted by: 阿武さんのゆきあたりばったり | October 11, 2005 at 08:59 PM

こんばんは大好です
「書」と「パッチワーク」の組み合わせは夢があっていいですね、二人展には大勢の方がご覧頂いたのではないでしょうか、近くでしたら是非見に行きたいですね。
KANちゃんの前日の野外アート展といい現役のお仕事をされている方が、日々このように熱心に取組む姿に尊敬いたします。
 KANちゃんと同年頃(10年前)は、あけてもくれてもゴルフ漬けでゴルフ以外のことが目に入らず、会社から帰れば家のことをほったらかしにし、練習場に一目散の毎日でした。揚げ句の果て「私の送別ゴルフコンペ」で主賓の私がコース上で倒れ救急車で運ばれたことがあったのです。
今になっての反省では遅いのですが。これからはKANちゃんのような前向きな姿を見て自分に出来ることをより見つめ生きていこうと思っています。
これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: 人我大好 | October 11, 2005 at 10:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69465/6340366

Listed below are links to weblogs that reference 魅せられて「二人展」:

« 弥彦・野外アート展 | Main | 「漢字かな交じり書/行書」作品 »