« 美術家秀作展(第22回) と 車のお祓い | Main | 産業資料館 »

August 03, 2005

良寛を描く

weblog5_023
 分水町良寛資料館、夏の企画展として(7/26~8/28)、”良寛を描く”が開かれており、先日見学しました。

良寛13幅、相馬御風を初め、”良寛を描く”25幅の作品が展示されていました。
作品の紹介が出来ない(撮影禁止の為)のが残念ですが…立派な作品展でした。
画像は資料館前の庭園です。

分水町は来年、燕市と合併します。
良寛資料館とか国上寺を訪れたり、おいらん道中に分水祭りetc魅力のある町のように思います。
今後もっともっと、分水町を知る機会を増やしたいと思っています。

長岡の県立近代美術館に良寛遺墨展(7/16~8/21)が開かれています。
「御三家」と知られる分水町の阿部家、解良家、和島の木村家に伝わる遺墨から、重要文化財がご紹介されています。
盆休み観に行く予定にしています。

|

« 美術家秀作展(第22回) と 車のお祓い | Main | 産業資料館 »

Comments

KANちゃんのいうように分水町は好きです。燕のように稼ぐだけの町というのではない、文化的なかおりがします。市町村合併の是非はよくわかりませんが。与板、出雲崎、寺泊、分水、吉田、弥彦、岩室、巻、そして燕というところがまとまったら、自然、温泉、農業、工業、商業、歴史、文化というところが融合したのんびりとした街並みができたとおもうのですが。

Posted by: 阿武さんのゆきあたりばったり | August 04, 2005 08:47 PM

 今晩は、毎日暑い日が続きますね。
相変わらずKANちゃんは「書」の道に熱心ですね、
良寛資料館での見学は素晴らしかったですね。小学生の時に良寛さんの「人に優しい」人柄を先生から教えてもらったことを思い出します。
 先日、「Access」の講座について書きましたが前の会社で触りの部分を経験したので受講しましたが奥が深くじっくり腰を据えないと進まないことがわかりました。あらためて挑戦したいと思います。
 ブログをはじめて日が浅い私ですが、KANちゃんとお付き合いさせていただくことにいつも感謝をしています。
 明日も34℃を超える暑さになるようです。水分を補給して頑張ります。
 今後もよろしくお願いいたします。
 

Posted by: 人我大好 | August 04, 2005 11:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 良寛を描く:

« 美術家秀作展(第22回) と 車のお祓い | Main | 産業資料館 »