« 山登り | Main | 良寛3人展 »

May 04, 2005

五合庵

weblog2_015
 weblog2_025
weblog2_035
                     良寛修行之地、史跡めぐりではないが、五合庵・国上寺(分水町指定文化財)を、以前から見たいと思いながら一度も足を運ぶ事がなかった。

良寛ゆかりの地、国上寺周辺をゆっくりながめると、半日位の時間が必要なくらい見る所がたくさんある。

五合庵…新潟県指定文化財
良寛芸術の最も円熟した時期とされる。(書芸について、3月に「良寛のこころ」で記事にしました)
良寛が玉島(岡山県倉敷市)円通寺でのきびしい修行を終え、諸国行脚の末、寛政8年39歳頃から文化13年国上山麓の乙子神社わきの草庵に移り住むまでの20年間、すごしたところである。(展示館資料より)

|

« 山登り | Main | 良寛3人展 »

Comments

あれKANちゃん五合庵は始めてだったんですか。意外ですね。今頃は新緑がきれいだったでしょうね。それともちょっと早かったでしょうか。良寛の「焚くほどは風がもて来る落ち葉かな」って好きです。

Posted by: 阿武さんのゆきあたりばったり | May 04, 2005 10:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 五合庵:

« 山登り | Main | 良寛3人展 »