« ”ファイト”高校駅伝 | Main | 書作品のまとめ »

March 27, 2005

美術家秀作展

 県美術家連盟秀作展(会期:04年12/15~05年3/31)が、 
弥彦の丘美術館で開かれており見学しました。

 日本画、洋画、彫刻、工芸、書道の部門に13人の作家が出品されていました。
その中で、新潟県を代表する書家、江川蒼竹さんの作品がありました。
「温故知新」を半切の縦額での作品でした。
文字の配置、墨量、白と黒のバランス等素晴らしく、しばらく立ち止まって見ていました。

 これから各地で美術展覧会が開かれます。
主に書道の部門を見学し、いろいろ参考にしたり…、又会場の雰囲気も好きです。
日常の圧迫感から開放され、緊張感がほぐれる一時でもあります。
 6月に、私達凌雲会の書道展を計画しました。
これから準備、作品作りに入るところです。

追記
 高校駅伝弥彦大会結果(3/26)
男子 優勝 佐久長聖(長野) 準優勝 豊川工業(愛知)
女子 優勝 須磨学園(兵庫) 準優勝 埼玉栄(埼玉)
 尚昨年の優勝校西脇工業(兵庫)は大会直前の棄権でした。

|

« ”ファイト”高校駅伝 | Main | 書作品のまとめ »

Comments

こんばんは、やまちゃんです。
さっきは、私にコメントありがとうございまた。

「温故知新」の記事、前に載せられてましたね。
とってもいい言葉だったので覚えていました。

西脇工業の棄権は残念でした。
来年がんばってほしいです。
でわ今日はこの辺で。

Posted by: やまちゃん | March 27, 2005 11:55 PM

すいませ~ん。書き忘れました。
女子の優勝は、兵庫県ですね。
もしかしたらダブル優勝もあったんですね。
兵庫県ってレベル高いんですね。

Posted by: やまちゃん | March 28, 2005 12:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 美術家秀作展:

« ”ファイト”高校駅伝 | Main | 書作品のまとめ »